5 Reasons Why You Really Should Wear Gardening Gloves

Gardening is a great way to relax, be one with nature and get your hands dirty. But lurking in that pleasant environment are some nasty bacteria and fungi, with the potential to cause you serious harm. So we need to be vigilant with gardening gloves and other protective wear.
Soils contain all sorts of bacteria and fungi, most of which are beneficial and do helpful things like breaking down organic matter. But just as there are pathogenic bacteria that live on your body amid the useful ones, some microorganisms in soil can cause serious damage when given the opportunity to enter the body. This commonly happens through cuts, scrapes or splinters.
Plants, animal manure, and compost are also sources of bacteria and fungi that can cause infections.


1. Tetanus

Traditionally, the most common and well-known infection is tetanus, caused by Clostridium tetani, which lives in soil and manure. Infections occur through contamination of cuts and scrapes caused by things in contact with the soil, such as garden tools or rose thorns.
Fortunately, most people have been vaccinated against tetanus, which means even if you are infected, your body is able to fight back against the bacteria to prevent it becoming serious. Symptoms include weakness, stiffness and cramps, with the toxins released leading to muscular paralysis and difficulty chewing and swallowing – hence the common term for tetanus of lockjaw.


2. Sepsis

Bacteria such as Escherichia coli, Salmonella, Campylobacter jejuni, and Listeria monocytogenes are often present in gardens as a result of using cow, horse, chicken or other animal manure. Bacterial infections can lead to sepsis, where the bacteria enter the blood and rapidly grow, causing the body to respond with an inflammatory response that causes septic shock, organ failure, and, if not treated quickly enough, death.
A high-profile case recently occurred in England, where a 43-year-old solicitor and mother of two died five days after scratching her hand while gardening. This hits close to home, as a number of years ago my mother spent ten days in intensive care recovering from severe sepsis, believed to be caused by a splinter from the garden.


3. Legionellosis

Standing pools of water may hold Legionella pneumophila, the bacteria causing Legionnaires’ disease, more commonly known to be associated with outbreaks from contaminated air conditioning systems in buildings.
Related bacteria, Legionella longbeachae, are found in soil and compost. In 2016 there were 29 confirmed cases of legionellosis in New Zealand, including a Wellington man who picked up the bug from handling potting mix.
Another ten cases were reported in Wellington in 2017, again associated with potting soil. In New Zealand and Australia, Legionella longbeachae from potting mix accounts for approximately half of reported cases of Legionnaires’ disease. There were around 400 total cases of Legionellosis in Australia in 2014.
The bacteria is usually inhaled, so wearing a dust mask when handling potting soil and dampening the soil to prevent dust are recommended.


4. Melioidosis

An additional concern for residents of northern Australia is an infection called melioidosis. These bacteria (Burkholderia pseudomallei) live in the soil but end up on the surface and in puddles after rain, entering the body through cuts or grazes, and sometimes through inhalation or drinking groundwater.
Infection causes a range of symptoms, such as cough and difficulty breathing, fever or sporadic fever, confusion, headache, and weight loss, with up to 21 days before these develop.
In 2012, there were over 50 cases in the Northern Territory leading to three deaths, with another case receiving publicity in 2015. Preventative measures include wearing waterproof boots when walking in mud or puddles, gloves when handling muddy items, and, if you have a weakened immune system, avoiding being outdoors during heavy rain.


5. Rose gardener’s disease

A relatively rare infection is sporotrichosis, “rose gardener’s disease”, caused by a fungus (Sporothrix) that lives in soil and plant matter such as rose bushes and hay. Again, infections through skin cuts are most common, but inhalation can also occur.Skin infection leads to a small bump up to 12 weeks later, which grows bigger and may develop into an open sore. An outbreak of ten cases was reported in the Northern Territory in 2014.
Aspergillus, usually Aspergillus fumigatus, and Cryptococcus neoformans are other fungi that can cause lung infections when inhaled, usually in people with weakened immune systems. Gardening activities such as turning over moist compost can release spores into the air.
Of course, there are plenty of other dangers in the garden that shouldn’t be ignored, ranging from poisonous spiders, snakes and stinging insects, to hazardous pesticides and fungicides, poisonous plants, and physical injuries from strains, over-exertion, sunburn, allergies, or sharp gardening tools.


So enjoy your time in the garden, but wear gloves and shoes, and a dust mask if handling potting soil or compost. And be aware if you do get a cut or scrape then end up with signs of infection, don’t delay seeing your doctor, and make sure you let them know what you’ve been doing.


This article was originally Here  

Mary Shelley’s 200-year-old tale is still essential reading for scientists

Kai Kupferschmidt

In January 1818, a woman barely out of her teens unleashed a terrifying tale on the world: the story of a doctor who builds a creature from scavenged body parts, then recoils in horror, spurns it, and sees his friends and family destroyed by the monster. Two hundred years later, Mary Shelley’s Frankenstein is still essential reading for anyone working in science. The ill-fated creator she portrays has influenced public perception of the scientific enterprise unlike any other character, forever haunting the borderland between what science can do and what it should do.

The story has mutated and it has frequently been mangled. It has spawned countless books, plays, and movies—some pictured on these pages—and even a super- hero comic. It has inspired technophobes and scientists alike. “Franken-” has become a passe-partout prefix for anything deemed unnatural or monstrous.

Interpretations of the tale have also multiplied. A story of scientific hubris, a creator consumed by his creation, a male scientist trying to eliminate women’s role in reproduction, an attempt by Shelley to deal with the trauma of losing a baby. To the growing group of scientists pondering the ways in which science might eventually destroy humanity, it is the earliest warning of such risks.

None of this quite captures the secret of the story’s longevity. To borrow the monster’s own description of indelible knowledge, Shelley’s tale “clings to the mind … like a lichen on the rock.” In the preface to the 1831 edition, Shelley wrote: “Now, once again, I bid my hideous progeny go forth and prosper.” It did. And it still does. 

あなたの「グルテン感受性」は小麦に含まれる別の成分で説明できるかもしれない

Clarissien RAMONGOLALAINA

もしあなたがセリアック病(いわゆるグルテン過敏症)だと診断されていないけど、グルテンのせいでお腹の調子が悪いと思っているのなら、科学者たちはついにあなたの身体で何が起こっているかについての手がかりをつかんだかもしれない。「グルテン感受性」は存在しないのではないかという研究結果が出てきたのだ。たくさんの人がパンを食べた際に胃腸の不調を訴えるようだが、ある研究がその症状はおそらくグルテンと無関係であり、原因は小麦に含まれる他の成分だと示した。

セリアック病は小麦、ライ麦、大麦、オーツ麦などの穀物に含まれるタンパク質であるグルテンに対する免疫応答として知られている。様々な研究によると、一般的に約1.3%の人がセリアック病である。しかし、小麦を食べた際に不調を訴える人の割合は1.3%よりはるかに高い。セリアック病ではないがグルテン感受性を持つ人(NCGS; non-coeliac gluten sensitivity)の正確な割合は知られていないが、13%ほどもいる可能性があると示した研究結果がある。グルテンが犯人でなさそうだとわかったため、本当は何が原因なのかを調べる研究が増えてきた。

オーストラリアのモナシュ大学のピーター・ギブソンの研究チームはNCGSについて研究をすすめ、原因が短鎖炭水化物にあるかもしれないと発見した。短鎖炭水化物はFermentable Oligosaccharides, Disaccharides, Monosaccharides, Polyolsの頭文字をとってFODMAPとしても知られている。この短鎖炭水化物は腸で発酵しやすく、そのせいでお腹の張りや他の症状が引き起こされる。2014年のある研究では、FODMAPが少ない食事をするとこうした不快な症状が軽減されることが示された。

そして、ギブソンの研究チームは胃腸の症状とFODMAPの一種であるフルクタンの間に相関関係があることを見出した。彼らはセリアック病だと診断されたことがなく、グルテンフリーの食事(グルテンを全く含まない食事)をしている人を59人集めた。その被験者たちには特別に配合したミューズリーのバーを7日間食べてもらった。被験者を3つのグループに分け、あるグループにはグルテンを含むバー、別のグループにはフルクタンを含むバー、また別のグループにはグルテンもフルクタンも含まないバーを食べてもらった。

被験者はささいな症状でもアンケートに記入する決まりで、最初の7日間バーを食べたあと一週間食べるのを止め、それから別のタイプのバーを食べてもらった。この研究は二重盲検、つまり被験者も研究者も被験者が食べているバーがどれなのかを知らなかった。

最終的に、59人の被験者は皆3種類のバーをすべて食べ、研究者は被験者が食べた成分と症状を比較した。研究チームは、グルテンもフルクタンも含まないバーに比べ、フルクタンのバーは15%も多くお腹の張りを引き起こし13%も多く胃腸の症状を引き起こした。一方で、グルテンもフルクタンも含まないバーとグルテンのバーではこれらの症状に差はなかった。

この結果はNCGSの症状を和らげるためにグルテンフリーの食事をする人が全快しない理由を示している。フルクタンは小麦、ライ麦、大麦などの穀物に含まれるが、アーティチョーク、アスパラガス、にんにく、玉ねぎなどの他の食べ物にも含まれる。 

ギブソンはNew Scientistに「今まではセリアック病と、小麦を含む食事をやめたら症状が和らぐという事実からグルテンが犯人だと思われていたが、ついにその予想は間違いだと考えられる」と語った。

 

この研究はGastroenterologyに掲載された。

愛ある食糧生産:ロラニエ神父によるマダガスカルの稲作

Clarissien RAMONGOLALAINA

私の国、マダガスカルはアフリカ南東部に位置し、植物や動物の固有種を持つ島として有名です。マダガスカルは、名食文化で米の摂取種は年間一人当たり120kgと言われています(日本の2倍)。昔ながらの農法とインフラ整備の結果、現在では米の一部は輸入していますが、その数値は20%ほどです。(http://www.irinnews.org)。気候変動に直面すると、全米の米需要を満たすことはさらに困難になります。さらに、マダガスカル農家は、土地の縮小、資本へのアクセス、教育、肥料としてのインプットへのアクセス、土壌の肥沃度、情報の不均等な分配、水と土地の劣化などの社会経済的および環境的問題に直面しています。


マダガスカル政府は、国の食糧生産の自給率を高め、国民の人口増加に追いつくために、SRI 農法(System of Rice Intensification, 稲集的栽培法)と呼ばれる米の生産性を高めるための新しい技術を推進しています。SRIは、フランスの宣教師であるロラニエ神父 (Henri de Laulanie: 1920 – 1995)によって1980年代初めにマダガスカルで開発されました。1990年代半ば以降、SRIは小さいなNGOであるTefy Saina (http://ciifad.cornell.edu/)によって注目され普及されてきました。SRIは最先端の難しい技術を駆使した近代的農業技術ではなく、苗の大きさや肥料や水管理といった誰にでもできる手法を組み合わせたものですが、その方法はこれまでの稲作の常識を覆すものです。SRIは収量の増大のみならず、環境を破壊しない持続的な農法として認められています。ただ、マダガスカルの多くの農家は先祖伝来の方法を変えようとせず、SRIを認めない農家多いのが現状です。SRIはまさに技術先行であり、収量増加について科学的な説明が追いかけていると言えます。現在は、SRIが非常に理にかなった手法であるとが明らかになっており、すでに世界の55カ国以上で採用され、数百万の規模米稲作農家の稲生産に貢献しています。


ロラニエ師が1961年にマダガスカルに神父として来た時、この国の貧困に驚き、この国に大事なのは7人の神父よりも一人の農学者である、と言ったそうです。ロラニエ神父はマダガスカルで自分がすべきことを考えた結果、稲を通じて多くの人を助けた神父様です。ロラニエ神父の人を助けようする心、必死に稲を観察し、自分にできることに専念したことに感動いたします。ロラニエ神父は1995年にマダガスカルでなくなり、マダガスカルの地に眠っておられます。私は、今日本で稲作や稲の品種改良の研究をしています。私も稲を通じて多くの人たちと関わりを持ち、一人でも多くの人々に貢献できるよう頑張っています。

小麦が塩分の多い土地で生き抜く可能性

Clarissien RAMONGOLALAINA

マングローブほど塩が好きだというわけではないだろうが、小麦がその海浜植物と共通の性質を持っていることを科学者たちは発見した。オーストラリアの分子育種の共同研究センターのYusuf
Genc
博士はさまざまな小麦がさまざまな方法で塩分に対応していることを発見した。塩分に耐性のある植物を栽培する方法を長い間探している穀物農家にとってこの研究は意味がある。塩分と言われて、ほとんどの人はどんなに強い作物でも育たない、広大な不毛の土地を想像するだろう。しかし、こうした乾燥した土地はオーストラリアの塩分の問題のほんの一部である。土壌に含まれる塩分の季節性変動はオーストラリアの農業経済において毎年13億ドルもの損失の原因である。

 

オーストラリアの乾燥農地の約67%が塩分の季節性変動を起こす可能性があり、起こってしまうと作物の生産量が減る。研究者たちはこれまで塩分に耐性のある新しい作物を生み出そうとしてきたが、その成功は本当に限られたものだった。しかし、小麦が塩分に対処するメカニズムを利用すれば、農家は塩分に耐性のある作物を選べるだろう。「50年も塩分耐性について研究を続けてきたのに、塩分耐性を持つ作物はほとんど生みだされなかった」とGenc博士は語る。

 

Genc博士によると、塩分を排出することだけがメカニズムではないようだ。むしろ、マングローブに似て、ある種の小麦は塩分を根から吸い上げるがその塩分にあまり影響を受けない。「この分野の研究をしているたくさんの人が植物が塩分を排出する能力を上げようとしている。私たちの研究によって塩分の排出だけがメカニズムではなく、むしろある種の小麦は塩分を吸い上げそれに耐性を持つと示された。」とGenc博士は語る。

 

「組織耐性」として知られるこのメカニズムは、他の種の小麦に適用されれば、塩分に悩まされている農家にとって生産量の劇的な増加につながるかもしれない。Genc博士の研究チームはBerkutKrichauffという二つの小麦を様々な塩分濃度において栽培し、吸い上げた塩分の量と収穫量を評価した。

 

どちらも塩分耐性が高い植物として知られているが、彼らはBerkutKrichauffほど塩分が入ってくるのを防げないことを発見した。そのかわり、BerkutKrichauffと同じくらい収穫量があった。「この現象ははじめ理解に苦しむものでした。なぜなら従来、研究者たちは塩分濃度が高ければ塩分耐性が低いと考えていたからです。しかし、私たちはこれらの2つの小麦では2つのメカニズムが働いていると気付きました。」とGenc博士は語る。

 

塩分の排出能力を持つ種もあれば、組織耐性を持つ種もある。「もしそのような種を同時に栽培すると、植物に含まれる塩分量と塩分耐性の関係はなくなるでしょう。私たちの研究は塩分の排出がすべての種で働いている唯一のメカニズムではないことを示しました。」Genc博士は語る。塩分耐性の生理学をより深く理解することによって、彼らは塩分耐性を持っているかどうかのスクリーニングをするための、遺伝的な「指紋」のようなDNAマーカーを同定しようとしている。今年の後半に予定している実験によって彼らは農地でも同じ効果が得られることを期待している。

 

「私たちは2ヶ所の土地を選んだ。どちらの土地も塩分に影響される土地である。実験をするのが待ちきれない。この実験から得られる結果は塩分耐性小麦の開発に向けての大きな一歩になるだろう。」とGenc博士は語る。

この研究はここに掲載された。


小麦を保護するための古代作物

Clarissien RAMONGOLALAINA

青銅器時代にはよく使用されていたが今日はほとんど知られていない作物を使用して、シドニー大学の科学者たちは、小麦黒さび病菌に抵抗する小麦を作り出す道を開いてきました。「世界中の小麦作物はこのfungal diseaseに対して脆弱であり、アフリカや中東での収穫全体を荒廃させています。小麦黒さび病菌に対する抵抗力の高い小麦を作るということは農業にとって非常に重要です。」と大学の農業環境学部のHarbans Bariana教授は言う。

バリアナ教授の生徒であるSambavisam Periyannan先生は、学部の学者、CSIRO、アメリカと中国の科学者との間で、幹腐敗耐性遺伝子Sr33の分子クローニングに関する研究を行った。結果は最近Scienceジャーナルに掲載されました。研究者の最大の目標は、幹腐敗株Ug99に対する耐性を示す遺伝子の分子構造を理解することでした。世界の小麦の収穫量およそ90%はUg99に脆弱です。

国際的な研究チームは、小麦に関連する植物であるヤギ草からの遺伝子を使用しました。ヤギの草は5000年前には一般的でしたが、今日はめったに栽培されず、オーストラリアでは雑草とみなされ禁止植物です。

CSIROの同僚たちは、最新のコムギ品種にSr33を挿入し、それを小麦黒さび病菌のテストすることによってSr33のクローニングを確認した。」とバリアナ教授は述べた。「オーストラリアは、1973年に南東オーストラリアでの伝染病の被害経験から、他の国々より小麦黒さび病菌の危険性を認識していた。これによりthe National Wheat Rust Control Programが生まれました」とBariana教授は述べています。

 オーストラリアの研究者は引き続き耐性菌の作出に取り組んでいましたが、一方でthe world wheat communityは、1999年にウガンダで非常に猛毒性をもち小麦黒さび病菌の仲間であるUg99検出を緊急の注意として促しました。

大学の共同研究を報告した最新版のScienceには、小麦に関係する植物の中にSr35という異なる遺伝子を確認し、質の高い小麦黒さび病菌への耐性を提供することができるというアメリカの研究内容のが記載されている。

「さまざまな遺伝子の組み合わせによって広範囲にわたる抵抗性を有する品種を開発することは、小麦繁殖の長期的関心であるが、抵抗性遺伝子の本質を理解する必要がある」とバリアナ教授は述べた。これらの研究は、将来のコムギ品種においてSr33Sr35を組み合わせることだ頑丈な生産を果たす。「この最新の研究は、長期的な目標に向かって大きな進歩を遂げている」。

Sambavisam Periyannan先生は論文「DOI: 10.1126/science.1239028」

の執筆者です

この研究はここに掲載された。